企業と個人事業主の資金調達とファクタリング

MENU

事業資金を調達できるファクタリング会社を徹底比較

資金調達の周辺知識記事一覧

事業資金 調達方法

事業資金の調達方法1:融資事業資金を手に入れるのに方法はいろいろあります。まず代表的なものとして融資があります。融資とは誰かからお金を借りる事です。借りると言ってもただで借りるわけではありません。金利が発生する形で借りることになります。具体的にお金を借りる先としては銀行がまず挙げられます。銀行は信用性が高い会社には、積極的に融資してくれます。大手メガバンクなどに法人口座を開設して、そこを頻繁に利用...

会計上の仕訳と債務・買掛金

ファクタリングの仕訳会社の会計は、複雑な計算をすることもある重要な部署です。会計作業において基本となるのは貸借対照表です。これは会社のある時点での財務状態を表すものです。英語ではバランスシートと呼ばれます。貸借対照表では借方と貸方を記録します。これらを記入していって、会社がどんな資産を保有していて、その資産はどう出てきたのかが分かるようになっています。借方は資産が、貸方には負債や純資産が含まれます...

便利な売掛金買取サービス

企業間取引は後払いが多いお金の授受方法というのは様々あって、複雑なこともあれば簡単なこともあります。例えばスーパーで買い物をする場合、店側は商品を提供します。その代わりに客はその対価を支払います。その場合の支払いは現金の場合即時に行われます。しかしクレジットカードの場合は、現金化されるまでに多少のタイムラグが発生します。企業間の取引の場合は支払いが1,2カ月後というのは珍しくない話です。例えばある...

個人事業主も利用可能か

個人事業主とファクタリングファクタリングは基本的に、企業間のやり取りに使われる資金調達方法です。では個人事業主はファクタリングサービスを利用可能でしょうか。結論から言うと不可能ではありません。しかしあまり個人事業主の利用件数は多くありません。通常は法人が利用するものとなります。なぜ個人事業主だと難しいかというと、「債権譲渡登記」というものがネックになるからです。これはどういうものかというと、債務者...

売掛金仮査定

ファクタリングの流れファクタリングは簡単に言えば、債権の早期現金化の手段です。債権を譲渡・売却して支払期日までわざわざ待たずに現金を調達できる方法のため、資金をいち早く手に入れたい会社には役立つ制度です。ファクタリングは具体的にどのようなやり方で行われるか概説します。まずファクタリング会社に質問や申込を行います。通常簡易的なフォームで申込を行います。会社によっては1日中稼働している場合もあります。...

貸金業法での違反例

ファクタリングと貸金業法との関係よく知られているように、貸金業法とはお金の貸し借りに関係する点を扱った法律です。貸金業法が出てくるとよく利息制限法も出てきます。これらの法律は相関関係にあって、お金に貸し借りにおいて違反をなくすために制定・改正されています。これらの法律があると、利用者はお金を借りてそれを返済する時に、法外な利息を支払わされることがなくなり、安全が守られることになります。さてファクタ...

金融庁の貸金業法での法規制

貸金業法とファクタリング貸金業法とは、貸金業を営む業者を統制するための法律です。多重債務問題など、お金がからむところにはトラブルがつきものです。貸金業法は利用者が安心してトラブルなくお金の取引をするシステムに欠かせません。貸金業法の対象となるのは消費者金融業者やクレジットカード会社、信販会社、リース会社などです。ではファクタリング会社が行う売掛金の現金化という業務には貸金業法は適用されるでしょうか...

電子記録債権の活用について

「電子記録債権」とは?「電子記録債権」という新しい債権の仕組みが注目されています。略称だと「でんさい」と呼ばれる事もある仕組みで、メリットが多い取引方法として普及が望まれてます。企業間の取引においては色々な決済方式が活用できます。そのうちの一つ手形です。手形はすぐに小切手のようにすぐに支払いをする手段ではなく、一定期間後に支払いを行うための手段です。この方法を使うと、手持ちがない場合でも商品を仕入...