法人と個人事業主の事業資金の調達方法 ファクタリングサービス

MENU

事業資金 調達方法

事業資金の調達方法1:融資

事業資金 調達方法

事業資金を手に入れるのに方法はいろいろあります。まず代表的なものとして融資があります。融資とは誰かからお金を借りる事です。

 

借りると言ってもただで借りるわけではありません。金利が発生する形で借りることになります。具体的にお金を借りる先としては銀行がまず挙げられます。銀行は信用性が高い会社には、積極的に融資してくれます。大手メガバンクなどに法人口座を開設して、そこを頻繁に利用するなど信用性を高める工夫をすることが大事です。

 

成長性が見込まれている会社であれば株式投資などをしてもらえる可能性があります。日本政策金融公庫から公的融資をしてもらう方法もあります。政府がバックボーンにいて、中小企業や起業したい人などを応援してくれます。

 

いろいろな融資制度を持っているため、借入を申し込むチャンスは広いです。

 

事業資金の調達方法2:出資

別の事業資金調達方法は出資です。「出資してもらう」という表現をよく聞くことがあります。出資とは特に返済が必要ない資本金です。株式を発行して買ってもらい、それを式とします。お金を出してくれた人には配当金などを配ってお礼します。

 

また株式を譲渡して他の会社から出資してもらうというやり方もあります。さらに大手銀行のグループには、ベンチャーキャピタルといってハイリターンを狙う投資会社を抱えている場合があります。

 

そういった会社に出資してもらったり、個人の投資家から会社のコンセプトに共感を受けることによって、投資してもらう場合もあるでしょう。

 

事業資金の調達方法3:ファクタリング

最後にファクタリングをご紹介します。ファクタリングは借りたりお金を出してもらったりするのではなく、基本的には自社の資産を現金化する方法です。ある会社が何らかの商品やサービスを他の企業に売ったとします。

 

回社間取引ではその都度払いではなく後払いの信用取引となるパターンが一般的です。そのため商品の代金の支払いは1,2カ月後となる場合があります。支払いが待たれているそのお金を請求する権利を売掛債権と呼びます。

 

またそのお金のことを売掛金と呼びます(手形で受け取る場合は受取手形)。しかし売った側の事情で、支払いを待たずにその債権を現金化したい場合も出てきます。その場合は債権をファクタリング業者に買い取ってもらいます。

 

全額買い取ってもらうわけではなく最終的に手数料が引かれて渡されます。手数料がかかるものの、早期現金化ができるため便利性は高いです。

事業資金を調達できるファクタリング会社を徹底比較