資金調達の賢い仕組み ファクタリングサービスとは

MENU

便利な資金調達方法ファクタリングサービスとは

便利な資金調達の方法ファクタリングサービスとは、どのようなものかを説明しています。Webで簡単に申し込みができて、発生している売掛金を買い取ってもらうことで資金を調達する方法です。提供してくれている会社に申し込みをすることで最短で即日から審査を受けることができます。

ファクタリングは仲介業者による売掛金回収サービス

ファクタリングサービスついて

企業が事業を行っていくには資金が必要になります。企業が資金を調達する方法と言うと、一般的に思い浮かぶのはおそらく銀行の融資や株式かと思います。銀行に頭を下げてかりる様子などはドラマ好きの人には連想しやすいシーンでしょう。

 

ファクタリングサービスというのは、これらの方法とは違う資金調達方法です。ファクタリングではファクタリング業者という仲介業者を使って資金を調達します。

 

具体的に説明しましょう。例として建築資材業者が建築会社に資材を販売したとします。資材業者と建築会社には頻繁に取引があり、その都度支払をするのではなく、まとめて後で支払う信用取引を採用しています。

 

そのため資材会社は自社の資材を売るものの、支払を受けるのは2カ月後です。この待っている2カ月の間資材会社は、対価を受け取る権利を保有しています。この権利を売掛債権と呼びます。

 

このうち手形以外の方法で支払を受ける債権を売掛金と呼びます。しかしこの売掛金を2カ月も待たないで現金化する方法があります。それがファクタリングです。

 

資材会社はファクタリング業者に保有している売掛債権を売却します。そうするとファクタリング会社は、売掛金の手数料を差し引いた額を資材会社に支払います(実際には掛け目によって全体の8,9割が早期買い取り可能とされる)。

 

後で建築会社から売掛金の支払いがあります。資材会社はそのお金をファクタリング業者に渡します。ちなみにこの方法は資材会社とファクタリング業者の2社で行われる取引のため、2社間ファクタリングと呼びます

 

3社間ファクタリングの方法

売掛先の企業(先述の例の場合は建築会社)も取引に加えた3社間ファクタリングの方法もあります。この場合は少しだけ複雑になります。まず資材会社は資材を建築会社に売ります(売掛金が発生する)。資材会社は売掛債権の譲渡契約をファクタリング業者と結びます

 

その契約を結んだ事を資材会社は建築会社に通知します。その後ファクタリング業者は手数料を差し引いた分を資材会社に払います。最後に建築会社はファクタリング会社に売掛金を支払います

 

2社間ファクタリングと違うのは、建築会社が資材会社ではなく、最終的にファクタリング会社に売掛金を支払っている事です。2社間にするメリットは、債権譲渡契約について取引先(建築会社)に通知する必要がないことです。

 

このおかげで「取引先に資金繰りを心配されたくない」といった不安を回避できます。一方3社間ファクタリングにすると手数料が低くなる傾向があります。

事業資金を調達できるファクタリング会社を徹底比較

■ 当サイト運営者については以下よりご覧ください。お問い合せもこちらからお願いします。

運営者情報


PAGE TOP