ファクタリングを利用するメリットを解説

MENU

ファクタリングを利用するメリット

ファクタリングのメリット1:資金調達が早い

ファクタリングを利用するメリット

ファクタリングの特徴でありメリットの一つは、迅速な資金調達が可能という点です。

 

早い場合はなんと1日ほどで現金化も可能なファクタリングは、資金繰りが難しい企業にはかなり効果的な方法でしょう。

 

銀行での融資などの場合は審査に時間がかかったり経営状態が重視して検討されたりと融通が効かない時があります。この点ファクタリングは融資とは違って売掛債権の買い取りという性質上、企業の安定度がある程度が証明されればOkです。

 

また保証人や担保は基本用意する必要はありません。信用情報に影響する事もありません。そのために、将来的な融資やローンへの悪影響も心配されません

 

ファクタリングのメリット2:ファクタリングなら保証義務なし

ファクタリングの大きなメリットのひとつは、不渡りリスクがないことです。手形割引を例にしてファクタリングのメリットを説明します。

 

手形割引の場合、何かの商品やサービスの対価として手形を受け取った会社は、金融機関などに手形割引を申し込んで融資を受けます。

 

しかし、もし手形を発行した側の会社(商品対価の支払いをする会社)が破たんしたり支払いをしなかった場合、手形割引を申し込んだ会社には保証義務が発生してしまいます。

 

しかしファクタリングは融資ではありません。債権の売却をファクタリング業者にしてもらいます。業者が債権を買い取ったなら、後は売掛先の会社がお金を何らかの理由で支払わなかったとしても、債権を売却した会社に保証義務は生まれません(償還請求権がないファクタリングサービスの場合。日本ではないのが普通)。

 

このように不渡りリスクがないというメリットは、リスク回避のうえで大きいです。

 

ファクタリングのメリット3:取引先企業への通知なしで行える

商品やサービスを提供して売掛債権を保有する会社と、その商品を受け取って支払いをする売掛先会社、そしてファクタリング業者というプレーヤーが関わるのがファクタリングのプロセスです。

 

しかし2社間ファクタリングでは、売掛債権を持つ会社とファクタリング業者のみで取引が進みます

 

売掛先会社は最終的に支払いをしますが、3社間ファクタリングと違ってファクタリング会社にではなく売掛債権保有会社に行います。2社間の場合は売掛先会社にファクタリングのことを通知しません

 

そのため売掛先会社が売掛保有会社の資金繰りについて不安になるようなこともありません。取引を今後も正常に進めていきたい債権保有会社としては好都合です。

事業資金を調達できるファクタリング会社を徹底比較